どうすればできる? 年収270万円でも普通に暮らせる社会

 

私たち生協労連は、一定の収入のもとであれば社会保障・セーフティーネットがきちんと働いて、誰もが人間として自分らしく生き、暮らせる「ディーセントワークとジェンダー平等社会」の実現を提案します。

具体的には、雇用形態にかかわらず、働く労働者が年収270万円(※)で憲法に保障された、最低限度の生活を営める社会(システム)をめざすことを基本に、賃金、教育・子育て、住宅政策、社会保障、働くルール(労働時間、雇用、失業時の保障)を重点課題としています。

​※年収270万円は、時給1,500円で年間1,800時間(月150時間、1日7時間)働いた場合の最低保障です。

年収270万円でも普通に暮らせる社会

HOME > つくりたい社会 > 年収270万円でも普通に暮らせる社会